お問い合わせサイトマップ

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
  • ウェブ全体を検索
 
トップページ工事のご案内会社案内当社施工の完成写真環境・社会への取組み
ホーム技術とサービスリノベーションBuilding Reform
 

リノベーショントップページへ

 

Building Reform 時代のニーズに合わせ、賃貸ビルの魅力を再生

1984年に竣工した賃貸ビルの改修
物件は埼玉県の大宮駅東口に位置しており、賃貸ビル事業としての立地条件は満たしているものの、近年では入居率が落ちてきている。
エントランス部分の照明はダウンライトで照らすことで法的な照度は確保しているものの、1階店舗内の照明が明るいため、昼間でも暗い印象を与えているために女性が入りづらい雰囲気がある。
内部階段はエレベーターホールと踊り場の非常照明のみで照らされているために暗い印象を与えている。

Before Reform


今回のリフォームでは、エントランスを今あるものを最大限利用して明るく、入りやすい印象を与えるものとした。
エントランスの大理石や赤御影石を特殊な方法でクリーニングを行い、竣工当初の輝きを復元。
照明計画においてはダウンライトを蛍光灯に変え、照度を上げるとともに、アクセントライトを既存のステンレス製館内表示板に取り付けることでグレードアップを図った。
エレベーター前に天井を設け照明器具を変更。壁、天井を白を基調とし、階段床を明るい色調にてコーディネートした。
階段踊り場の照明器具をデザイン性が高く明るさを確保したものに変更した。

After Reform


 
 
 
汚れや経年変化により、艶を失った壁の大理を特殊処理により、竣工当初の輝きを取り戻すとともに、照明をダウンライトから蛍光灯に変えることにより、壁面での光の反射を受けより明るくなったエントランス。誘導灯を変更し天井の圧迫感を抑えました
 
既存の中階段は鉄骨製で床と同じ茶系の塗装がされていたものを、エレベーターホールの天井と同色の白とすることで照明からの光を拡散し明るさを高めました。

   
   
   
鉄骨階段が剥き出しで暗かったエレベーターホールに天井を設置し、照明計画を見直す事で明るい印象を持たせることが出来ました。
エレベーター扉に大理石調や木調のシートを貼る事により無機質だったエレベーターホールを暖かみがあり、上質な雰囲気にしています。
 
階段踊り場を照らす照明を大型でデザイン性に優れたものに変えることで雰囲気作り。
壁の塗装を半艶のものに変え、赤みを帯びた白を使うことで明るく暖かな雰囲気をつくりだしています。
 
階段の床を茶系から赤系に変え、材質を硬いPタイルからクッション製のある長尺シートに変更する事で暖かみと質感の向上を図っています。
壁の色調変化も暖かさを出しています。
 

▲Pagetop

個人情報保護方針 採用情報 専門工事会社の募集 協力会社向け情報
Copyright 1998-2019, SAITO CONSTRUCTION COMPANY  Ltd.