お問い合わせサイトマップ

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
  • ウェブ全体を検索
 
トップページ工事のご案内会社案内当社施工の完成写真環境・社会への取組み
ホーム技術とサービスパッシブソーラーシステム
   パッシブとは?  
 

太陽や風などの自然エネルギーを建築に取り入れ、活かす技術や仕組みをパッシブソーラーシステムといいます。

太陽エネルギーを利用するソーラーシステムのうち、集熱器のような特別な装置で太陽熱を利用したり、電力に変換したりするのがアクティブソーラー。これに対し、建築的な方法や工夫によって太陽エネルギーを利用するやり方をパッシブソーラーといいます。

 
   しくみ  
 
 

春~秋

屋根の熱をお湯採りに利用し、余った熱を屋外へ排出します。

春から秋にかけて、太陽の熱を利用して「お湯採り」ができます。

「お湯採り」とは、熱い空気がハンドリングボックス内のお湯採りコイルの中を循環する不凍液を温め、温まった不凍液を貯湯槽へ循環させて水を温めるしくみです。

お湯採りに使って余った熱は、排気ダクトを通り、排気口から外へ出します。屋根面の下を強制排気すると、排熱された量に比例して、室内に入りこむ日射熱を減らすことができます。

お湯採りは、地域によって差がありますが、春から秋にかけて30~50℃のお湯が1日約300リットルとれます。お風呂やシャワーに太陽の熱が使えて経済的です。


 



軒先から新鮮な外気を入れ、屋根を太陽の熱で温めて床下へ送ります。
床下へ送られた空気は、基礎のコンクリートを温めながら、室内へ微風となって出てきます。

夕方になると、熱を蓄えたコンクリートが外気温の低下とともに少しずつ放熱をはじめ、建物全体を床から温めます。

 
 
 
 施工事例

病院を建築中にパッシブソーラーシステムを導入

物流センターを建築中にパッシブソーラーシステムを導入

 
 

▲Pagetop

個人情報保護方針 採用情報 専門工事会社の募集 協力会社向け情報
Copyright 1998-2019, SAITO CONSTRUCTION COMPANY  Ltd.